ダイオードレーザーのデメリット

脱毛効果を感じるまでの期間が長い

レーザー脱毛には、さまざまな種類のものがあります。ダイオードレーザーで照射をした場合、毛が抜けるまでに数週間から1か月ほどかかることも少なくありません。他のレーザー脱毛では、1週間から2週間ほどで毛が抜けるものもあります。そのため、ダイオードレーザーで脱毛した場合、脱毛効果を感じるまでの期間が比較的長いと感じる方も多いです。肌の露出が多くなる季節が近かったり、大切なイベントなどを控えている場合は、効果がなかなか感じられないことに焦りを感じることもあるようです。脱毛の効果を急いでいる場合は、他のレーザー脱毛のほうがよいこともあります。ダイオードレーザーでの脱毛は、脱毛期間に余裕がある方におすすめのレーザー脱毛だと言えます。

美肌効果が期待できない

ダイオードレーザーでの脱毛は、美肌効果があまり期待できないことがデメリットです。他のレーザー脱毛の場合、皮膚表面のメラニン色素に反応するものなどもあり、シミやくすみを薄くする効果が期待できるものもあります。そのため、レーザー脱毛の一つであるダイオードレーザーでの脱毛にも、美肌効果があると思われてしまっている方も少なくありません。ダイオードレーザーでの脱毛は、脱毛効果は期待できますが、美肌効果はあまり期待できないため注意が必要です。脱毛効果だけでなく、美白効果を感じたい場合は、他のレーザー脱毛を検討されたほうがよいでしょう。ダイオードレーザーで照射する際には、専用のジェルを用いることが多いです。ジェルが肌に合わず、肌荒れを起こすこともあります。