ダイオードレーザーの特徴

痛みが少なく効果が高い

医療レーザー脱毛はエステサロンの施術に比べて効果は高いものの、痛みが強いというイメージを持つ人もあるのではないでしょうか。レーザー機器もひとつではなく何種類もありますので、それぞれの特徴を知っておくことも大切です。ダイオードレーザーは日本でも人気が高く、多くのクリニックで採用されています。従来のレーザー脱毛機に比べて痛みが少なく、それでいて肌へのダメージも抑えられています。高出力で照射ができますので、結果が早く出せることもメリットです。施術部位を選びませんので、全身脱毛にも向いている方法です。照射口も四角い形をしていますので、照射ムラが少なくなりますし重複照射も少なく、施術時間を短くできるのもダイオードレーザーの良いところです。

蓄熱式脱毛としても人気

従来のレーザー脱毛は毛根に照射をして、毛の再生を抑えるものとなっていますが最近は蓄熱式と呼ばれる施術も注目されています。ダイオードレーザーはレーザー式脱毛だけではなく、蓄熱式脱毛ができるのも特徴的です。蓄熱式脱毛では、毛根ではなくバルジ領域と呼ばれる部分をターゲットにしています。弱い出力で少しずつバルジ領域を破壊していきますので、従来のレーザー脱毛よりも低温となっており、痛みや熱さを感じにくくなっています。メラニン色素に反応させる方法ではありませんので、日焼けした肌にも利用しやすく白髪や金髪など色素の薄い毛にも反応しやすいのもメリットです。一般的なレーザー脱毛とは違い、毛周期をあまり意識することなく施術が行えます。