アレキサンドライトの特徴

アレキサンドライトとは?特徴や効果は?

医療脱毛クリニックで使用されるレーザーはアレキサンドライトレーザーの他にもダイオードレーザーやYAGレーザーという三つの種類があります。その中でもよく導入されているのがアレキサンドライトという宝石を使ったレーザー照射を行うアレキサンドライトというものです。

医療脱毛に使われるレーザーにはそれぞれ異なった波長があり、その波長は長ければ長いほど肌の奥まで到達し、濃い毛が気になるVIOなどにも効果が出やすくなります。アレキサンドは波長の長いレーザーの種類であるため、肌の表面にメラニン色素の集まる日本人には適した種類のレーザーであると言えます。毛根や毛乳頭の黒さはメラニン色素、それが皮膚表面にある日本人は波長の短いレーザーではやけどをしてしまう可能性があるのです。

アレキサンドライトのメリット・デメリット

脱毛クリニックでアレキサンドライトを選ぶにはメリットだけでなく、知っておくべき点もあります。メリットは日本人の肌に合った波長のためヤケドの心配が少ないことや、レーザーが深くまで到達するためVIOにも向きます。またレーザーは毛母細胞にのみ働きかけるため、肌全体への負担は少なく済みます。その結果、ヤケドやキズあとになるといったような肌トラブルを起こすことないスピーディーな施術が魅力です。また肌のコラーゲン産生を促す効果も持っているため、美肌効果も期待できます。

しかしアレキサンドライトには日焼けをした肌や黒ずみしているポイントには使用できないというデメリットがあります。メラニン色素に反応するレーザーのため、この特徴を持ったお肌に照射してしまうとケガや事故を引き起こす可能性があるためです。また濃い毛には痛みが伴います。