肌をきれいにしたいと思って、スキンクリニックを訪れる人も増加の傾向です。一般的に、スキンクリニックでは、レーザーを用いた治療が行われますが、そのレーザーにも、アレキサンドライトやダイオードレーザーなどの種類があります。それぞれの治療法について紹介します。

アレキサンドライトの場合

アレキサンドライトは、多くのスキンクリニックが採用しているレーザーです。アレキサンドライトという宝石が使用されているため、この名前となっています。レーザー治療はレーザーのタイプにより効果の現れ方が異なります。そこで、この項では、アレキサンドライトの特徴やメリット・デメリットについて紹介します。

アレキサンドライトの特徴

医療脱毛クリニックで使用されるレーザーはアレキサンドライトレーザーの他にもダイオードレーザーやYAGレーザーという三つの種類があります。その中でもよく導入されているのがアレキサンドライトという宝石…

» Read More

アレキサンドライトのメリット

ムダ毛処理にも色々な方法がありますが、今はレーザー脱毛や光脱毛といった毛根への照射でムダ毛の再生を抑制する方法が主流です。無理に毛を抜く必要はありませんので痛みも少なく肌へのダメージも抑えられてい…

» Read More

アレキサンドライトのデメリット

痛みを強く感じることも

レーザー脱毛は永久脱毛の効果に優れていることもあり、エステサロンよりも医療脱毛を選びたいと希望する人も多くなっています。医療機関では様々な脱毛機が用意されており、ひとことにレーザー脱毛といってもそれぞれ違いがあります。それゆえ、施術を行う前にはそれぞれのレーザーの特徴をしっかりと理解し、メリットだけではなくデメリットも知っておきましょう。日本の美容クリニックではアレキサンドライトレーザーが採用されていることも多く、ジェルなしで快適な処理ができることで人気です。アレキサンドライトはメラニン色素に対する反応が強く太く濃い毛に対して反応が良いことも特徴的です。デメリットとしては人によっては痛みを強く感じるということがあげられます。麻酔を使って痛みを抑えることもできますが麻酔の分、費用も高くなります。

日焼け肌には向いていない

アレキサンドライトレーザーはメラニン色素への反応に優れていますので、ムダ毛処理には向いていますが日焼け肌やもともと肌の色が濃い人には向いていません。施術の効果を得にくいということもありますが、肌の色が濃い場合は火傷などのリスクも高まります。どちらかというと色白の人に向いている施術です。最近は産毛処理を希望する人も増えていますが、アレキサンドライトはメラニンの薄い産毛への反応はあまり良くありません。それゆえ、背中や顔脱毛などには効果が出にくくなっていますので、産毛までしっかりと処理を希望している人は別の施術を検討したところです。それから照射口も丸い形をしており、打ち漏れが起こりやすく照射に時間が掛かるというデメリットもあります。

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーの特徴

医療レーザー脱毛はエステサロンの施術に比べて効果は高いものの、痛みが強いというイメージを持つ人もあるのではないでしょうか。レーザー機器もひとつではなく何種類もありますので、それぞれの特徴を知ってお…

» Read More

ダイオードレーザーのメリット

ダイオードレーザーは、痛みが少なく肌にやさしいことから、多くのクリニックで採用されています。ちなみに、FDA(アメリカ食品医薬品局)も安全性を認めているのだそうです。ダイオードレーザーには「ショッ…

» Read More

ダイオードレーザーのデメリット

レーザー脱毛には、さまざまな種類のものがあります。ダイオードレーザーで照射をした場合、毛が抜けるまでに数週間から1か月ほどかかることも少なくありません。他のレーザー脱毛では、1週間から2週間ほどで…

» Read More

皮膚科とはどんなところか

皮膚科とは、皮膚を中心とした疾患を治療するところです。医師により診察が行われ、薬が処方されたり、手術が行われます。